FC2ブログ

3月9日(土) 浜松市内でAHA.ACLSプロバイダー「1日」コース初開催.受講者募集中。

ACLS
10 /08 2018
         ACLSプロバイダー「1日」コース 

ACLSプロバイダーコースは、2日間を要するコースですが、1日で受講できる機会があればという声にお応えして、BLS横浜さんで開催されているACLSプロバイダー「1日」コースを浜松市内で開催します。

          コース開催予定とお申し込み
平成31年3月9日(土曜日)に浜松市内で開催決定、受講者募集中です。

3月9日(土)開催.AHA.ACLSプロバイダ「1日」コースのお申し込みはこちらから。

※1日で資格取得できます。
主催団体のBLS横浜のACLSプロバイダーコースは、マネキン1体あたりの受講者人数を4名までに制限することで、交代回数を減らし、コンテンツを損なうことなく1日に圧縮してコース開催しています。

※BLSプロバイダー資格や受講歴は必要ありません。
ACLS受講に際して、成人BLSを習得していることが望ましいとされていますが、AHA規約上、BLSプロバイダー資格は必要ありませんので、成人のCPRとAED操作ができる方であれば、AHA-BLSプロバイダーコースの受講歴がない方でもご参加いただけます。

※コース進行は、BLS横浜のインストラクターがコースディレクターを務めます。

※コース概要。
二次救命処置と訳される Advanced Cardiac Life Supportを身につけるためのコースです。
主に病院内でアルゴリズムに基づいて行なわれる高度な救命処置をシュミレーションによるチームトレーニングを通じて学びます。

※コース内容。
心停止への二次救命処置の静脈路/骨髓路からの薬剤投与や、マニュアル除細動器による高度な電気治療、心停止以前の徐脈・頻拍への対応や、急性冠症候群や急性期虚血性脳卒中の管理。

※受講対象者。 
医師、看護師、病院内で急変対応に関わる専門職、救急救命士などが対象となります。

※修了試験。
実技試験・筆記試験があります。

※修了証。
本コースの全課程を修了し、筆記試験・実技試験に合格すると、2年間有効のAHA公式.ACLSプロバイダー認定カードが発行されます。
ACLSプロバイダーカード

※受講料。
¥37,000(テキスト代は含みません)

※テキスト。
ACLSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン2015準拠。¥7,560
受講に際しては、必ず各自でテキストをご用意ください。
テキストをお持ちにならない場合は、受講いただけませんのでご注意ください。
テキストACLS
スポンサーサイト

命のバトン浜松

命のバトン浜松で開催するAHA公式コースの開催情報をお知らせしています。

AHAコースと聞くと医療従事者を対象としたコースであると思われがちですが、命のバトン浜松では、医療従事者以外の市民の方の受講が多いのが特徴です。
受講される方がストレスなく受講できるようにお手伝いさせていただきますので安心してお申し込みください。

スタッフは、AHA(アメリカ心臓協会)公認のBLSインストラクター資格を有しており、BLSプロバイダーコース.緊急時に対応義務のある市民救助者を対象とした心肺蘇生法を学ぶハートセイバーCPR AEDコース、ケガや急病への対処(応急手当)を学ぶハートセイバーファーストエイドコース、ファミリー&フレンズコース、提携団体との共催によるACLS.1日コース、PPEARS®(ペアーズ)with シミュレーションコースも開催しています。

当会の特徴は、練習用マネキンが1人につき1体です。一般的なBLSの講習ですと練習用のマネキンは数人に1体割り当てられるのが普通ですが、当会ではマネキン1人1体にすることにより練習量は大幅に増えるため、しっかりとした技術を身につけることができます。
BLS講習は、資格を取得したら終わりではありません。その能力を維持させることが大切になります。命のバトン浜松でコース受講された方には、カード有効期限内でしたら、無料で何度でも復習参加していただけます。

当会は、少人数制でのコース開催のため、浜松市内だけでなく近隣であれば出張コースを開催することも可能です。リクエストによるコース開催もお気軽にご相談ください。

提携TCは、日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターhttp://aha-ecc.jp/index.html
修了カードは日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターより発行されます。

コースについてのお問い合わせや、受講に際してのご質問等は、お気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。