FC2ブログ

AHA.ハートセイバーファーストエイドコース開催しました。

ハートセイバーファーストエイドコース
03 /02 2018
 2月に浜松市内でAHA.ハートセイバーファーストエイドコースを開催しました。

 浜松での開催は、5年ぶりで、初回は、BLS横浜さんとの共催でした。AHAコースと聞くとBLSプロバイダーコースが主と思われがちですが、命のバトン浜松では、BLSプロバイダーコース、ハートセイバーCPRAEDコース、ファーストエイドコースも開催しています。

 AHA.ハートセイバーファーストエイドコースとは?
下記をクリックしてください。
AHA.ハートセイバーファーストエイドコース

 ファーストエイドは、個々のけがや病気の応急手当というイメージが強いですが、テキストに載っている個々の応急手当は基本的部分であって現場の状況は常に異なりますので、基本通りにいかないケースもでてきます。
 ファーストエイドは、基本的な部分をしっかりおさえたうえで、傷病者のその時の状態や現場の状況に応じて何を優先するかをイメージして動くことが大切になってきます。
 エピペンの自己注射の部分は、打ち方に終始してしまいがちですが、アナフィラキシーショックとは何か?日本で自己注射ができるようになった背景や法律的な面、記録の大切さや注射したからそれで終わりではなく、救急車が到着するまでの継続観察、最悪の事態を想定してBLSがすぐできる体制。
 止血帯は、ターニーケットを実際装着して、痛さを体験したり、エピペンの自己注射キットトレーナーを使っての練習では、傷病者役のバトン浜松代表の迫真の演技も見られました(画像参照)
 また、インストラクターの経験から語る事故対応の話しやちょっとした小ネタもかなり炸裂してました。

 ファーストエイドコースを定期的に開催しているサイトは、少ないので、命のバトン浜松では、今後、定期的にファーストエイドコースを開催していきたいと考えています。
 
003.jpg

002.jpg

001.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

blshamamatsu

命のバトン浜松で開催するAHA公式コースの開催情報をお知らせしています。

AHAコースと聞くと医療従事者を対象としたコースであると思われがちですが、命のバトン浜松では医療従事者以外の市民の方の受講を積極的に受け入れています。
また、受講される方がストレスなく受講できるようにお手伝いさせていただきますので安心して受講してください。

スタッフは、AHA(アメリカ心臓協会)公認のBLSインストラクター資格を有しており、BLSプロバイダーコース.緊急時に対応義務のある市民救助者を対象とした心肺蘇生法を学ぶハートセイバーCPR AEDコース、ケガや急病への対処(応急手当)を学ぶハートセイバーファーストエイドコース、ファミリー&フレンズコースも開催しています。

当会の特徴は、練習用マネキンが1人につき1体です。一般的なBLSの講習ですと練習用のマネキンは数人に1体割り当てられるのが普通です。当会ではマネキン1人1体にすることにより練習量は大幅に増えるため、しっかりとした技術を身につけることができます。
BLS講習は、資格を取得したら終わりではありません。その能力を維持させることが大切になります。命のバトン浜松でコース受講された方には、カード有効期限内でしたら、無料で何度でも復習参加していただけます。

当会は、少人数制でのコース開催のため、浜松市内だけでなく近隣であれば出張コースを開催することも可能です。リクエストによるコース開催もお気軽にご相談ください。

提携TCは、日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターhttp://aha-ecc.jp/index.html
修了カードは日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターより発行されます。

コースについてのお問い合わせは、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。