FC2ブログ

AHA.BLSプロバイダーコース(IFP-病院内.PHP-病院外)

BLSプロバイダーコース
09 /16 2018
AHA.BLSプロバイダーコースは、医療従事者またはそれに準じるような水準が求められる職業人のための一次救命処置(Basic Life Support)研修プログラムです。
内容は、AHAガイドライン2015に準拠し、成人・小児・乳児の心肺蘇生法(一人法/二人法)、AEDの使い方、ポケットマスク、バッグバルブマスクの使い方、成人・小児・乳児の窒息への対処法、補助呼吸、挿管時のCPR、オピオイド過量に対するナロキソン投与を含めたプロトコルと日常的に蘇生行為を行なう人向けの高度な内容ですが、受講資格や年齢制限はなく どなたでも受講できます。

命のバトン浜松のBLSプロバイダーコースの特徴。

1.少人数制で1人1体の練習用マネキンをご用意し、十分な練習量を確保。
2.受講者の背景に沿ったコース進行。
3.ポケットマスクの無料貸し出し(事前購入は必要ありません)
4.筆記・実技試験合格後、プロバイダーカード有効期限内の復習参加は何度でも無料。
014.jpg

BLS-IFP コースと BLS-PHP コースの違い。

病院内(施設内 in facility)と病院外(プレホスピタル Prehospital)のそれぞれのシチュエーションを分けて、2つのシナリオから構成されていて、現場への転用を重視した内容となっています。
実技試験、筆記試験はどちらも共通で、発行されるプロバイダーカードも同じです。ご自身のバックグラウンドに合わせて受講コースをお選び下さい。

世界で通用するBLSプロバイダー資格認定カード

筆記試験・実技試験に合格すると日本医療教授システム学会より、AHA公式BLSプロバイダー BLS Provider 認定カードが発行されます。これは心肺蘇生(一次救命処置)に関して、世界でもっとも知られた医療従事者レベルのCPR技術認定証です。
BLSプロバイダーカードは、日本国内においても、循環器専門医、麻酔科専門医の認定審査を申請する際にはACLSと合わせて必須とされている公的評価の高い資格です。

受講料 ¥16,000(テキスト代は含みません)

BLS for Healthcare Providers Studet Workbook G2010AHA ECCプログラムでは、受講者1名ごとに公式テキストを購入していただくことが受講条件として定められています。
受講料には含んでいませんので、医学書を扱う書店やネット書店、AHA教材国内代理店などよりご購入ください。英語版でも日本語版でもどちらでも構いません。
hcp_text_2015j.jpg

持ち物。 テキスト、筆記用具、昼食、ポケットマスク(消毒済みの物を無料でお貸ししていますがご自分の物をお持ちいただいても構いません)

コース時間は、 約6時間となっています。

筆記試験は、 25問4択式 21問以上正解で合格となります。テキスト・資料持ち込み可。試験問題は日本語です。
実技試験は、成人への一人法CPR+AED、乳児への二人法CPRとBVM換気です。
修了証(カード) コースの全課程に参加して、筆記試験と実技試験に合格すると英文による修了証/BLS Providerカードが発行されます。(カードは後日郵送の形になります) 修了証の期限 2年間有効。
BLSHCP_card.png

BLSプロバイダーコース受講申し込み方法

命のバトン浜松では、静岡県浜松市内を中心に公募によるBLSプロバイダーコースを開催しています。
募集告知は、ホームページトップのAHAコース開催情報、Twiiter や Facebookでご案内いたしますので、申し込み専用送信フォームよりお申し込みください。
BLSプロバイダーコースのお申し込みはこちらから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

blshamamatsu

命のバトン浜松で開催するAHA公式コースの開催情報をお知らせしています。

AHAコースと聞くと医療従事者を対象としたコースであると思われがちですが、命のバトン浜松では医療従事者以外の市民の方の受講を積極的に受け入れています。
また、受講される方がストレスなく受講できるようにお手伝いさせていただきますので安心して受講してください。

スタッフは、AHA(アメリカ心臓協会)公認のBLSインストラクター資格を有しており、BLSプロバイダーコース.緊急時に対応義務のある市民救助者を対象とした心肺蘇生法を学ぶハートセイバーCPR AEDコース、ケガや急病への対処(応急手当)を学ぶハートセイバーファーストエイドコース、ファミリー&フレンズコースも開催しています。

当会の特徴は、練習用マネキンが1人につき1体です。一般的なBLSの講習ですと練習用のマネキンは数人に1体割り当てられるのが普通です。当会ではマネキン1人1体にすることにより練習量は大幅に増えるため、しっかりとした技術を身につけることができます。
BLS講習は、資格を取得したら終わりではありません。その能力を維持させることが大切になります。命のバトン浜松でコース受講された方には、カード有効期限内でしたら、無料で何度でも復習参加していただけます。

当会は、少人数制でのコース開催のため、浜松市内だけでなく近隣であれば出張コースを開催することも可能です。リクエストによるコース開催もお気軽にご相談ください。

提携TCは、日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターhttp://aha-ecc.jp/index.html
修了カードは日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターより発行されます。

コースについてのお問い合わせは、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。